【深鍼治療】北京堂鍼灸京都,西京区桂~腰痛,坐骨神経痛,五十肩,肩こり,寝違い,頚椎症

京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会 鍼灸院 京都 桂サイトマップ 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字のサイズを変更する

What's New!!

2016.10.01
Doticon_red_NEW.png10月16日(日)から20日(木)までは休診とさせて頂きます。よろしくお願い致します。
2016.08.31

北京堂鍼灸京都のHPをご覧になっている方へ

当院は京都市西京区阪急桂駅から徒歩2分の所にある鍼灸(はりきゅう・針灸)専門の治療院です。
このホームページをご覧になっているということは何らかの不調を抱えているが、どんな治療が適しているのかどこの治療院が良いのか迷ってらっしゃる方が多いのではないかと思います。
まず鍼灸とはどんな治療なのか、何に効くのか、また北京堂鍼灸京都は他の鍼灸院とどこが違うのか、どんな疾患に強いのか、書いていきますのでお付き合い下さい。

1:鍼灸治療の特徴

鍼灸の起源は石器時代にまで遡ります。そんな鍼灸が時を経て今も廃れずに残っているのは理由があります。それは鍼灸でしかできないことがあるから。
緊張して硬く凝り固まった筋組織、つまりコリに対し鍼は唯一、直接アプローチして緩めることができる治療だからです。
硬くなった筋肉に鍼を刺し筋肉が弛緩することで、筋線維の中を巡る血管や神経の圧迫が解消されます。血管への圧迫が解けると血流が快復しますから、組織には十分な栄養や酸素が供給されて、その部位に溜まっていた痛みの原因となる発痛物質や老廃物が、血液によって腎臓に運ばれて尿になり排出されます。
また感覚神経への圧迫がとれると痛みや痺れ、ダルさが解消され、自律神経への圧迫が解除されることで自律神経機能が正常に働きます。

以上が鍼がなぜ効くかというメカニズムです。

ところが西洋医学では画像診断をしてもわからない筋肉の緊張が問題視されません。よって原因不明だとか、精神的なものが原因だと片付けられるケースがしばしばあります。もし筋肉の問題だと診断されても緊張を解消するような治療ではなく、鎮痛薬が処方されます。痛みはこのままではいけませんよ、という体からのシグナルです。私自身も薬のお世話になる事がありますし、薬自体を否定しませんが臭いものに蓋をするかのように薬で痛みを抑えるのは如何なものでしょうか。やはり原因に基づき根本治療を行うべきだと思います。

検査して異常があるものを器質的疾患といいます。その中でも骨の変形や椎間板の変性やヘルニア、骨と骨の間、即ち関節間の狭小化や、疲労骨折等は突然発症するのではなく、その周囲の筋緊張がベースにあってそれに対して適切な治療がなされず重症化していることが多いです。
反対に検査しても異常が見つからない疾患を機能的疾患といいますが、この機能的疾患に由来する症状に鍼灸は特に効果を発揮します。

反対にもし器質的な異常があっても鍼が効果を発揮することがあります。
というのは例えば画像診断で椎間板ヘルニアが認められても症状があるとは限りません。ですから器質的な異常があれどそれ自体は症状の原因ではなく、実は筋肉の緊張が原因だということが往々にしてあります。手術をして成功したがすっきり治らない場合はこのパターンが考えられます。
よって器質的な疾患が原因となるものは病院へ、機能的な疾患が原因となるものは鍼灸院へ行かれるのをおすすめします。本来はこのように住み分けができているのです。
どちらかわからない場合、まずは鍼が効く症状をご一読下さい。これが一つの目安となります。または電話かメールでお問い合わせいただければと思います。

また鍼灸治療が具体的に何に効くのかはこちらをクリックして御覧ください。
鍼灸治療は体に優しいというのも特徴です。副作用が無いので安心して受けていただけます。

2:鍼灸院によってその治療スタイルは違う

そんな鍼灸治療ですが、鍼灸院を検索してみるとたくさん見つかります。どの鍼灸院がいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
まず知っておいて頂きたいのが、一口に鍼灸といってもその治療方法は千差万別です。例えるならコックさんが同じ食材、同じ調理器具を使っても味が違うのと一緒です。鍼の本場、中国では治療者と同じ数だけ鍼灸のスタイルがあるという言葉もあるくらいです。
確かに鍼灸治療でカバーできる疾患は幅広いのですが、治療法がそれぞれ違うということは、病院でも何々科と分かれているように鍼灸院によって得意分野が違います。

従って○○鍼灸院では治らなかったものが、☓☓鍼灸院に変えたら治ったというのはよくあることです。鍼灸院選びでは知人からの口コミ等、生の情報が無い時はHPを見たり、問い合わせたりして、その鍼灸院の得意分野を知ることが大きな目安となります

3:北京堂鍼灸は他の鍼灸院とどう違うのか

では北京堂鍼灸はどんな治療法なのかという事ですが、端的にいうと適宜、様々な長さの鍼を使い分けて、皮下の浅い所から病態によっては筋肉の深い所にまで到達するような鍼治療をしています。浅刺は他の鍼灸院でもよくやりますが、深刺をやっている鍼灸院は非常に少ないです。それではなぜそんな深い所まで刺す必要があるのでしょうか。

それは筋肉の深い所が緊張し硬く凝り固まりやすいからです。
その部位はいわゆる外から触れない筋肉、インナーマッスルと呼ばれています。インナーマッスルは体を大きく動かすのではなく、姿勢や関節の位置を保持する働きがあります。
ですからスポーツや激しく体を動かす時はもちろん、立ちっぱなしや座りっぱなしでいるだけでも使われて、日常の中で活動している時間がどうしても長くなり緊張し硬く凝り固まります。
また深部なので通常の鍼治療やマッサージ、整体、電気治療等では物理的に届きません。つまり病巣部まで手つかずの状態が非常に多いです。よって深部にまで刺してやる必要がありますし、それが安全にできるのが北京堂鍼灸の特長です。

よって当院の治療理論は非常に単純明快、わかりやすいのです。鍼灸というと何か奥義めいて小難しいイメージがありますが、シンプルに血管や神経を圧迫している硬く凝り固まった筋肉に鍼を刺して緩める治療方法です。

4:治療効果を左右するもの

だからといって単に深刺すれば良いか、というとそうではありません。あくまでも病巣部に刺鍼するのが目的です。ただその治療すべき病巣部が深い所に存在することが非常に多いのです。しっかりと病巣部に当っているかどうかが治療効果を左右する重要なポイントですが、それを判断する2つの感覚があります。

1つ目は治療者側の鍼から伝わってくる手の感覚です。病巣部となる硬結に鍼が達すると鍼下がきつく締め付けられたり、魚が釣り針を呑み込むがごとく持っている鍼が沈みこむ感覚があります。または硬い物に刺している感覚が鍼から手に伝わってきます。
反対に病巣部まで達していない時は手応えもスカスカで豆腐に鍼を刺しているような感覚です。
2つ目は受け手側の感覚です。鍼が病巣部にアプローチできているとズ~ンと重だるかったり、症状が再現する感覚があります。ちょうど「そこそこ」と言わんばかりに悪い所に当たっている感じがあるのです。反対にそれらの感覚が無ければ病巣部に鍼が達しておらず、治療効果も芳しくありません。

5:北京堂鍼灸京都の得意疾患

腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、肩こり、寝違い、五十肩、頭痛、膝痛等、といった急性、慢性問わず痛みの疾患に加えて、自律神経失調症、胃下垂の治療を得意としています。病態や治療法の説明は下記を御覧下さい。


北京堂鍼灸京都 所在地

〒615-8073 京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都 針灸(はりきゅう)治療専門 
阪急京都線 桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院
鍼療時間Real_col_Schedule.png : 9:00〜22:00※水曜日は14:30~22:00(19時以降の鍼療は19時までにご予約ください)
休鍼日Real_col_Cal.png : 木曜日 ※土曜、日曜、祝祭日は鍼療しています。
駐車場Real_col_Construction.png軽自動車一台分のガレージが有ります。
    ※前の道が狭いので駐車し辛い時は一声お掛け下さい。

ガレージが空いてなかったり,普通車の場合は近くのコインパーキングをご利用下さい。一番近くだと当院から徒歩30秒、京都銀行の裏にあります。

大きな地図で見る

北京堂鍼灸の詳しい道順や地図Doticon_grn_Left.png

北京堂鍼灸の雰囲気を見るDoticon_grn_Left.gif

更に詳しくDoticon_grn_Left.png健康保険の取り扱いについてDoticon_grn_Left.png

鍼療代

初鍼料(鍼代):1,000円
治療代:3,500円(学生 3,000円 ) ※所要時間60~90分
胃下垂治療:7,000円(学生 6,500円)※所要時間2~3時間
往診治療:5,000円+交通費(電車、バス等)
※診療開始が19:30以降の場合は+2000円頂戴します。
※学生の方は初診時に学生証をご持参下さい。
※鍼灸治療は医療費控除の対象となります。領収書が必要な場合は仰ってください。

連絡先

ご予約・お問い合わせは電話とメールで承っています。お急ぎの場合はお電話をおすすめ致します。

また質問・疑問等や、鍼灸を受けようか迷ってらっしゃる方もお気軽にご相談くださいね。

TELDoticon_wht_Tel.png075-202-4098 (予約制・当日予約もお気軽にどうぞ)

アドレスReal_col_Mail.png
budda3623@pekindou-am.com
メールフォームReal_col_Memo.png:
http://form1.fc2.com/form/?id=702724

北京堂鍼灸モバイルHPReal_col_Cel.pnghttp://katy.jp/pekindou-am/
                           QRコード qrcode[1].jpg

プロフィール

岡田晃明 Teruaki Okada

1978年生まれ。 滋賀県出身。


明治東洋医学院専門学校鍼灸学科を卒業。
はり師(第140929号)きゅう師(第140731号)免許を取得し、明治東洋医学院専門学校付属鍼灸治療所の研修生となる。

ニ天堂勉強会(現 炎の鍼灸師☆養成講座)を受講し北京堂式鍼灸を学んだ後、北京堂鍼灸 淺野周先生に師事。内弟子修行を積み京都・桂に北京堂鍼灸京都を開業。元東洋医学錬成塾講師。

北京堂鍼灸ブログを読む北京堂 鍼灸 ブログ鍼灸院 京都 桂

ブログをガラケーで見る北京堂 鍼灸 ブログ鍼灸院 京都 桂


ブログQRコード北京堂鍼灸京都 ブログ QRコード


京都 頭痛 鍼灸頭痛を訴える人は日本で3000万人いるといわれており、
最近は・・・ 

頭痛の鍼灸治療頭痛  

京都 腰痛 鍼灸日本人の8割以上が一生のうちに経験しているといわれている腰痛ですが、画像診断では・・・

腰痛の鍼灸治療腰痛 

京都 肩こり 鍼灸首、肩、背中、肩甲骨間部のこり感や、ダルさ、痛みやそれに伴う悪心や吐き気、頭痛、歯の痛みや浮いた感じ、・・・

肩こりの鍼灸治療肩こり 

京都 坐骨神経痛 鍼灸坐骨神経は図の通り腰椎のL4・L5神経、仙骨のS1・S2・S3神経が束になった神経で腰~臀部~太ももの後ろを・・・

坐骨神経痛の鍼灸治療坐骨神経痛

京都 ぎっくり腰 治療急に、腰が痛み動けなくなるものの総称ですが、大腰筋が痙攣している場合は・・・

ぎっくり腰の鍼灸治療ぎっくり腰

京都 眼精疲労 鍼灸院視力低下、目が重い、かすむ、痛い、疲労感、ドライアイ、とそれに伴う頭痛、・・・                                   

眼精疲労の鍼灸治療眼精疲労

京都 顎関節症口を開けにくかったり(人差し指から薬指まで指3本分縦に入るかが目安)、開けるときに顎関節が・・・

顎関節症の鍼灸治療顎関節症 

京都 ムチウチ症 鍼衝撃を受けて首に鞭がしなるような運動が起こり、軟部組織の損傷が起きている状態・・・ 

ムチウチ症の鍼灸治療ムチウチ

京都 鍼 寝違い起床時に首が回らなかったり、回そうとすると後頚部から側頚部が痛みます。片側だけの場合・・・

寝違いの鍼灸治療寝違い

京都 頚椎症 鍼灸頚椎症、時折耳にする言葉ですが、一体どういった病気のことでしょうか。頚椎だから・・・

頚椎症の鍼灸治療頚椎症 

京都 四十肩 鍼灸五十肩は元々50代を中心として40~60代に好発する肩関節の痛みと動きの制限を・・・

五十肩の鍼灸治療五十肩 

京都 膝痛 鍼灸 膝痛の原因になる疾患は色々あります。変形性膝関節症や靭帯・半月板の損傷、関節リウマチやオスグッド・・・

膝痛の鍼灸治療膝痛 

京都 自律神経失調症 鍼灸 自律神経とは人間の意思とは関係なく、自動的に働くため自律神経といい、内蔵や・・・

自律神経失調症の鍼灸治療自律神経失調症 

京都 うつ病 鍼灸院うつ病は、統合失調症と対置される2大精神疾患の一つであり、2006年から厚労省は・・・                             


うつ病の鍼灸治療 うつ 

京都市 鍼灸院

胃下垂の鍼灸治療胃下垂

京都 桂 鍼灸院温めると、その部分の温度が異常に高くなるので、その熱を血液で他所へ持って行くために・・・

鍼治療が効く症状とは京都 桂 鍼灸

鍼灸北京堂鍼灸京都の外観です。 民家を改造して鍼灸院にしています。
京都 鍼灸院ベッドは2台あります。
京都 鍼灸院別角度から。

いろいろな病気の人達が北京堂鍼灸に来られます

Doticon_grn_Right.png整形外科領域:腰痛,ぎっくり腰,肩こり(肩凝り,肩コリ),五十肩(四十肩,肩関節周囲炎),膝痛(膝関節痛,変形性膝関節症),肘痛(テニス肘,ゴルフ肘),腱鞘炎,寝違い,背中の痛み,ストレートネック,むちうち(むち打ち,鞭打ち,頸椎捻挫),頸椎症,椎間板ヘルニア,捻挫,筋筋膜性疼痛症候群(MPS),変形性股関節症,打ち身,打撲


Doticon_grn_Right.png神経ブロック・麻酔科領域:坐骨神経痛,緊張性頭痛(筋収縮性頭痛),偏頭痛(片頭痛),群発頭痛,頚肩腕症候群,胸郭出口症候群,VDT症候群,三叉神経痛,顔が痛む,顔面神経麻痺,肋間神経痛


Doticon_grn_Right.png心療内科領域:うつ病,パニック障害,不眠


Doticon_grn_Right.png婦人科領域:更年期障害,月経前症候群(PMS),月経異常,冷え性,骨盤位(逆子)


Doticon_grn_Right.png内科領域:胃下垂(胃アトニー,胃無力症),自律神経失調症,不定愁訴,更年期障害,逆流性食道炎,機能性胃腸症(NUD),神経性胃炎,起立性調節障害,動悸,しゃっくり,糖尿病,過敏性腸症候群(IBS),慢性前立腺炎,骨盤内疼痛症候群,膀胱炎,


Doticon_grn_Right.png自己免疫・アレルギー科領域:リウマチ,膠原病,喘息(灸),クローン病,潰瘍性大腸炎,円形脱毛症


Doticon_grn_Right.png耳鼻咽喉科領域:メニエル病(メニエル症候群),耳鳴り,難聴(突発性難聴),めまい,眼精疲労(疲れ目)


京都 針灸ハビリ科領域:脳血管障害(脳卒中,脳梗塞,脳溢血)後遺症


京都 鍼治療口腔外科領域:顎関節症,口内炎


京都 桂 鍼灸院難病領域:線維筋痛症,慢性疲労症候群,パーキンソン病(パーキンソン症候群)

いろいろな所から来院されます

京都:京都市西京区、右京区、南区、伏見区、上京区、中京区、下京区、左京区、東山区、山科区、向日、長岡京、八幡、亀岡、南丹、久御山、大山崎、宇治、城陽


大阪:大阪市北区、淀川区、東淀川区、高槻、茨木、吹田、島本


滋賀:大津


福井:福井、敦賀

ちょっと一息、京都の風景・・・

ここでは鍼灸の事は置いといて、ちょっと一息ブレイクタイムです。散策して出会った風景をパチリと撮ってみました。                

こちらから京都 鍼灸院

KIMG0467.jpg

北京堂鍼灸京都

京都市西京区桂野里町32-12
阪急京都線桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院
鍼療時間 9:00~22:00 
※19時以降の鍼療は当日19時までにご連絡下さい。
電話番号 075-202-4098(予約制)  
休鍼日:木曜日  土日祝は鍼療しています。

道がわからない時はご連絡ください。ご案内いたします。