施術の流れ・施術後の注意点

HOME | 施術の流れと施術後の注意点


①施術の流れ


①当院は予約制となっています。電話かメールで予約をお取り頂き、少し時間に余裕をもってお越し下さい。


②初診であれば問診票に主訴(主要な症状)や現病歴(主訴の発症から現在までの経過)既往歴(これまでにかかった病気やケガ)等、問診事項に記載して頂きます。

老眼鏡をご使用の方は持参して下さい。
問診票をお預かりして更に詳しく症状の様子や生活習慣(職務内容・嗜好品・処方されている薬・スポーツや運動習慣)等、お話を伺います。またご不明な点があれば気軽に尋ねて下さい。

③次にベッドに横になってもらい触診で痛む場所の状態を診ます。その時に押して痛むかどうのような姿勢や動きで症状が強くなるかなども尋ねます。

④そして施術方針を決定して鍼をうちそのまま40分置きます。

⑤40分が経過すると鍼を抜いて施術は終了です。初診でしたら施術を受けた後の注意点を説明したり、日常生活でのアドバイスをすることもあります。質問があれば遠慮無く聞いてください。

 
※施術前にトイレをすませておいて下さい。
所要時間が1~1.5時間かかります。初診時はお話をお聞きしたり施術に関する説明をするので、30分余計にかかるとみておいて下さい。

 
※女性の患者さんにはワンピース型の施術着を用意しています

施術着

施術着

 

②施術後の注意点


・施術後は安静に過ごして下さい。鍼をすると血行がよくなり筋肉痛の様な重だるさが残ります。心身共にリラックスモードに入っています。従って運動は控えます。そして施術部位に負担がかかることを避けて下さい。
例えば首や肩、背中なら手元を見たりうつ伏せで読書する姿勢を控えます。腰下肢であれば、中腰や重い物を持ったり、帰宅されるぶんには仕方ありませんが、なるべく長距離を歩き回るのを避けて、怒ったり、大笑いしたりせず、精神的にもゆったりと過ごしましょう。帰宅後1、2時間程横になって休憩すると効果も増します。

・施術当日は飲酒を控えてください。血流を妨げ効果が弱まるためです。

・お風呂やシャワーは結構です。用いる鍼は入浴が可能な採血用の針よりさらに細いものを使用しています。鍼の後のダルさが気になるのなら、利尿作用のある緑茶やコーヒーではなく水や白湯を飲んでゆっくり湯船につかるとダルさが早く引きます。但し湯冷めに注意して下さい。

・静脈に鍼先があたり内出血すると虫に刺されたようにプクっと膨れたり、青タンのような跡ができることがあります。そしてそれを押すと軽く痛みを感じます。
これは3日~2週間程で綺麗に吸収されて跡も軽い痛みも消えます。
身体に影響のあるものであったり、ずっと残るものではないのでご安心下さい。跡が気になる場合はコンシーラーやファンデーションで隠して下さい。
 
・刺鍼部がプクっと少し膨れて痒みを伴う事があります。
金属アレルギーです。内出血との違いは外見上膨れるが青タンのように変色はしません。刺鍼箇所全てに発症することもあれば、体の部位によって出る所と出ない所があります。抜鍼直後から発症する場合もあれば、脱衣して温まると痒みが強くなるので施術当日や翌日の入浴時に気づくこともあります。
痒みは不快に感じる事もありますが、特にそれ以外に問題はありません

・施術後に、痛みが増す事があります。
これは筋肉が凝り固まって神経が圧迫されると、最初は重だるさや疲労感があります。更に進行して圧迫が強まると痛みや痺れに変わります。そして最終的には知覚麻痺がおこり感じなくなります。悪化していくとこのような順序を辿り、長患いの場合はこの知覚麻痺になっていることがあります。
丁度、正座の状態で長時間いた後に足をつねってもあまり感じないのと一緒です。
鍼をすると先程の過程の反対になります。ということは知覚麻痺で無かった痛みを感じるようになります。
これらは、体が正常な状態に近づいている証拠です。痛くて気になる場合は鍼を受けに来れば治ります。
また鍼の後のダルさが数日経っても抜けない場合も同様です。
 
・このように施術後は調子の良い悪いに関わらず変化があることが重要です。施術前とあまり変化が無い場合は施術方法を変えます。

 

 
 ページトップへ