坐骨神経痛の鍼灸治療:北京堂鍼灸京都

京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会 鍼灸院 京都 桂サイトマップ 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字のサイズを変更する

HOME > 坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛の症状とは

京都 座骨神経痛 鍼まず、坐骨神経は図の通り腰椎のL4・L5神経、仙骨のS1・S2・S3神経が束になった神経で腰~臀部~太ももの後ろを通り、名前を変え枝をだしながらふくらはぎやすね、足首から下を支配しています。sciatic nerveと表記しているのが坐骨神経です。

坐骨神経痛になるきっかけは様々で、例えば床にある重い物を持ち上げようとして突然、腰に強い痛みを覚えて、それが足の方にも下りて痛みが、足の全体かもしくは部分的に広がったり。症状が足だけか足も腰も同時にでるのかは坐骨神経痛の進展度合いによります。また、特にこれといったきっかけが無くとも、慢性的な腰痛持ちの場合でも、坐骨神経痛につながり、症状は痛みに限らず、重だるさ、痺れ、脱力感、つっぱり等、様々です。

坐骨神経痛の原因とは

鍼の効く坐骨神経痛

京都 鍼 座骨神経痛坐骨神経痛の原因は何かが坐骨神経を圧迫したり、締め付ける為に起こります。いったい、その原因は何でしょうか。

原因は色々ありますが、一番多いのが緊張した筋肉が坐骨神経を締め付けるというパターンです。その症状の特徴は夜中から朝にかけて特に痛みが強くなります。また、エビのように前屈みになると楽になることもあります。筋肉の緊張が原因の坐骨神経痛では、大腰筋や中小殿筋、梨状筋がひきつっていますが、これは骨や腫瘍が原因のものとは違ってレントゲンやMRIで検査してもわからないのです
これが手術しても治らない原因不明だとか、ストレスが原因だとか言われている坐骨神経痛で鍼灸の適応となるものです。原因不明だと言われると不安になりますし、ストレスだと言われても身に覚えが無かったり、逆にあっても、どんな気晴らしをすれば治るのかと迷いますが実際には、原因不明でもストレスが原因でもなんでもありません。緊張してこり固まった筋肉が問題なのです。

ヘルニアに鍼は効果があるのか

次によく耳にするのが腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎と腰椎の間にある、軟骨の中の髄核というゼリー状の物が軟骨から飛び出して神経を圧迫します。ヘルニアとは正常では中に収まっていたものが飛び出すことです。ヘルニアだとMRIをとればわかります。脊柱管狭窄症もMRIですね。腰椎のすべり症、分離症、骨粗鬆症による圧迫骨折ですと、レントゲンでわかります。また、腫瘍が坐骨神経痛を圧迫している場合もあります。これらのMRIやレントゲンで原因がわかるものに関しては残念ながら鍼の適応症とはいえません。症状は和らげることはできますが、根本的な治療では無いため完治は難しいでしょう。また、妊娠中だとお腹の赤ちゃんが坐骨神経を圧迫している場合や妊娠によって骨盤周辺の筋肉の状態が変わり坐骨神経痛になる場合もありますが、妊婦さんに鍼は難しいですし、出産してから様子を見て症状があるのならそれから治療した方がいいと思います。

しかし、画像上は椎間板ヘルニアになっているのに実際は症状が無いという人もいます。ヘルニアになっていても症状は、必ずしもヘルニアが原因とは限りません。これはヘルニアになっているけど、症状の原因は筋肉の緊張というパターンです。これだと椎間板を除去する手術をしても治りませんね。原因が違いますから。
自分の症状がヘルニアが原因となっているのか、もしくは筋緊張が原因となっているのか見分ける目安があります。ヘルニアが原因だと昼間や上体が前かがみになったときに痛みます。上体が前屈みになると椎間板の髄核がちょうど腰椎間から飛び出して神経を圧迫するような状態になるからです。
一方、筋肉の緊張して神経を圧迫しているのが原因の坐骨神経痛なら前かがみになると楽になり、痛む時間帯は夜中から朝方に強くなるという違いがあります。夜中から明け方は体をやすめている時間帯なので心臓の拍動もゆっくりとなり血液の循環量も減少します。しかもその減少した血液も栄養の消化吸収をしている内臓の方に送られます。寝ていて筋肉は動かしてないので筋肉へ血液は送られないのです。よって筋肉は血流不足になり、健康だとなんともないですが、筋肉の緊張があると、夜から朝にかけ症状を出すのです。
また腰椎すべり症や腰椎分離症もレントゲンでわかりますが、重度でない場合は筋肉が原因で痛みを出していることが多いので、鍼治療を試してみて下さい。手術を考えている場合でも、3回位先に鍼をして効果をみてからでも決して遅くはないです。

要するに、画像診断で異常が認められても、その異常箇所は無症状であり、真の痛みの原因は画像診断ではわからない筋肉の緊張であることが多々あり、それは鍼の適応症であるということです

坐骨神経痛の鍼灸治療

京都 鍼 坐骨神経痛症状の出ている範囲で、坐骨神経痛のパターンを分けていきます。①足全体に出る場合②坐骨神経ラインに出る場合③太ももの前に出る場合④臀部~太ももの外側に出る場合とわけます。ということは各々、下肢神経痛だとか大腿神経痛とかという名前が適切かもしれませんが、ここでは一括りで坐骨神経痛として扱います。

①の足全体に症状の場合は大腰筋の緊張だと考えます。大腰筋は第12胸椎もしくは第1腰椎から大腿骨の小転子に付着しているので、大腰筋が緊張すると足へ行く神経を全て圧迫するという考えですね。大腰筋刺鍼をします。
残りの3つも、神経の出口である神経根周囲を緩めるために大腰筋に鍼をします。

②の坐骨神経ラインに症状が出ている時は神経根の大腰筋、梨状筋、ヒラメ筋がポイントとなります。全てインナーマッスルが重要になります。大腰筋、梨状筋には5番、ヒラメ筋には10番をつかいます。

③の大腿神経ラインに症状が出ている時は神経根の大腰筋、腸骨筋、中間広筋を鍼で緩めます。腸骨筋を刺す時は仰臥位で、膝下に三角枕を使って腸骨筋を軽く弛めた状態にして、上前腸骨棘を中心にして腸骨に沿わすようにしてうちます。また、中間広筋は圧痛からラインが緊張しているかをさぐり、そのラインに斉刺(直刺して骨にあて、その両横から斜刺をして三方向からにアプローチ)をします。

④の外側大腿皮神経ラインに臀部から~太ももの外側、場合によってはすねの外側に症状がでているのも、神経根を緩めるために大腰筋に鍼をします。更に、外側大腿皮神経は腰方形筋を貫いているとこが多いので腰方形筋も緩めます。そして、小臀筋も緩めます。中殿筋の時もそうですが、小臀筋のような大きな筋肉には10番を使います。これで、症状が残る場合には外側広筋にも、先程の中間広筋のように斉刺をします。また腸骨筋にも緊張が見られる場合があります。
神経の通り道をたどっていってやって、絞扼しそうな筋肉の緊張をといていきます。症状が現れてから時間がたっていると、神経根周囲だけでなく局所の方も鍼をしなければなりません。

北京堂鍼灸京都

京都市西京区桂野里町32-12
阪急京都線桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院
鍼療時間 9:00~22:00 (月曜は15:00~22:00)
※19時以降の鍼療は当日19時までにご連絡下さい。
電話番号 075-202-4098(予約制)  
休鍼日:木曜日  土日祝は鍼療しています。

道がわからない時はご連絡ください。ご案内いたします。