治療の流れの説明:北京堂鍼灸京都

京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会 鍼灸院 京都 桂サイトマップ 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字のサイズを変更する

北京堂鍼灸京都 HOME > 鍼灸治療の流れ

治療の流れ

①当院は予約優先制となっております。

②初診であれば問診票に症状の様子や既往歴(これまでにかかった病気やケガ)等、問診事項に記載してください。問診票をお預かりして更に詳しく症状の様子や生活習慣等お話を伺います。

③次にベッドに横になってもらって触診で痛む場所の状態を診ます。その時に押して痛むかどうかなども尋ねます。

④そして治療方針を決定して治療を始めます。筋肉の凝り固まった所に鍼をうちます。うち終わったらそのまま20~40分置きます。

⑤時間がきて鍼を抜き終わったら治療は終わりです。体の状態や鍼治療を受けた後の注意点を説明したり、日常生活でのアドバイスをすることもあります。質問があれば遠慮無く聞いてください。


※治療時間が1~1.5時間かかりますのでトイレをすませておきます。
女性の方には患者様用の着替えを用意しています
※初診時には問診票を書いていただきます。老眼鏡が必要な方はご持参ください。
P1010250.JPG

治療後の注意点

・治療後は安静に過ごして下さい。鍼をすると血行がよくなり心身共にリラックスモードに入っていますので、鍼をしたところに負担がかかることを避けて、しばらくゆっくりして下さい。帰宅後少し横になって1、2時間程、横になるくらいが理想で、効果も更に良いものとなります。

・治療当日は飲酒は控えてください。血流を妨げ効果が弱まるためです。

・お風呂やシャワーは結構です。用いる鍼は入浴が可能な採血用の針よりさらに細いものを使用していますので傷が非常に微細な為です。湯冷めに注意して下さい。

・静脈に鍼先があたり内出血すると虫に刺されたように膨れたり、青タンのような跡ができることがまれにありますが10日程で綺麗に消えます。身体に影響のあるものではありません。


・治療後に、痛みが増したり、鍼した所がだるくなったりする人が稀にいらっしゃいます。 例えば自律神経のバランスに乱れがあると、治療後に体調が変化し、全身だるくなることがあります。また、運動不足で新陳代謝が衰えていると、代謝が盛んになり、運動時と同様の疲れがでます。あるいは、患部に知覚麻痺があると、感覚がよみがえり、痛みが復活したりします。

これらは、体が正常な状態に近づいている証拠です。気になる場合は安静にしてよく体を温めてください。
詳しくはこちらのQ21を御覧下さい

北京堂鍼灸京都

京都市西京区桂野里町32-12
阪急京都線桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院
鍼療時間 9:00~22:00 (月曜は15:00~22:00)
※19時以降の鍼療は当日19時までにご連絡下さい。
電話番号 075-202-4098(予約制)  
休鍼日:木曜日  土日祝は鍼療しています。

道がわからない時はご連絡ください。ご案内いたします。