京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会             

腰痛の鍼灸治療


殆どの腰痛は原因不明!?

日本人の8割以上が一度は経験するといわれている腰痛。さてそんな腰痛の原因は何でしょうか。
日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめた治療・診断の指針「腰痛診療ガイドライン」によると腰痛の85%が原因不明とされており、慢性腰痛やぎっくり腰がこれに当てはまります。残りの15%は原因が特定できる腰痛で腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、悪性腫瘍等によるものがこれらです。
なぜ慢性腰痛やぎっくり腰が原因不明とされているのでしょうか。それは検査しても症状に見合った異常が見つからないからです。

ではそんな原因不明の腰痛にはどんな治療が推奨されているのでしょうか。
ガイドラインによると抗炎症薬、鎮痛薬、抗不安薬、ストレッチ、認知行動療法、コルセット、抗うつ薬、脊椎固定の手術となっており、原因がわからない為にまず痛みを鎮めて、痛みの原因を精神的ストレスと仮定して除去しようとしています

 

では腰痛の原因とは

では原因不明とされている85%の腰痛の原因は何か。それはずばり筋肉の緊張が原因です。つまり腰痛の85%は鍼で筋肉を適切に治療して緊張を解いてやれば治ります。筋肉の緊張により筋線維の中を走行する血管や神経が圧迫され、軽度であれば重怠さ、更に進行すると痛みを感じます。また筋肉は緊張すると柔軟性が乏しくなります。体が硬くなって動かし辛くなったり、動かしたときに痛みを感じることもあります。

この筋肉の状態はレントゲンやMRI等画像診断ではわからない為に原因不明とされますが、痛む動きや姿勢を尋ねたり、痛みでかばう姿勢を診たり、実際に指で筋肉の圧痛や緊張度合いを診ればどの筋肉が緊張しているのかがわかります。

筋肉は体を動かさなくとも使われています。重量上げを例に挙げましょう。筋肉はバーベルを持ち上げるときも使われているのは勿論、持ち上げてる状態を維持していても筋肉が使われていると考えたらイメージしやすいですよね。ちなみに前者は等張性収縮、後者は等尺性収縮と言います。
別に物を持たずともただ立っていたり、座っている姿勢を保つことで筋肉が使われているのです。もしこの時に筋肉が機能していないとヘナヘナと体が下へ崩れ落ちていくでしょう

ですので、立ちっぱなしや座りっぱなしという、~しっぱなしは同じ筋肉が文字通り使われっぱなしとなり特定の筋肉だけが負担がかかり症状がでてくるというわけです。

現代社会では体を動かす機会が減りつつあります。仕事も肉体労働より座りっぱなしや立ちっぱなしを強いられる割合の方が多いのでは無いでしょうか。

また重量挙げのバーベルの上げ下ろしときにあたる、等張性収縮は筋肉の収縮と弛緩が繰り返されて、血管に対してポンプの役割を果たし組織への血液を送る働きを助けます。

これは乳牛の乳房を血管、手を筋肉と例えるなら握って離すを繰り返して牛乳を搾り出すのと同じです。しかし姿勢の保持にあたる等尺性収縮の場合、筋肉が収縮しっぱなしなので血管に対してポンプのような役割は果たしてくれません。例えるなら乳牛の乳房を握り締めているのと一緒の状態なので搾乳できないのと一緒です。

要するに同じように筋肉を使っていても、姿勢の維持は血流が悪くなり易いのです。血液が組織に栄養や酸素、熱を供給し、痛みの物質を運び去る働きをしてますから、血流不足になると無栄養無酸素で筋肉は働かざるを得ず、すぐに緊張して痛みを出しそれが長期にわたります。そして血液が熱を運んでいるので冷えやすくなるでしょう。

また精神的ストレスによっても、筋肉は緊張して二次的に腰痛が引き起こされることがあります。ストレスによって首や肩、背中も緊張します。脊柱起立筋が後頭部から腰までつながっていますから腰に影響がでます。さらに腰椎からは腸を司る自律神経が出ており、骨盤臓器を栄養する血管が腰を通っていることから腰痛持ちの人は便秘や下痢、骨盤内疼痛症候群を併発している場合もあります。

よって立ちっぱなしや座りっぱなしという~しっぱなしは同じ筋肉が使われっぱなしになってしまいます。そうなると特定の筋肉だけが負担がかかり症状がでてくるというわけです。また重量挙げの持ちあげるときにあたる、等張性収縮は筋肉の収縮と弛緩が繰り返されて、血管に対してポンプの役割を果たし組織への血液を送る働きを助けます。

これは乳牛の乳房を血管、手を筋肉と例えるなら握って離すを繰り返して牛乳を搾り出すのと同じです。しかし姿勢の保持にあたる等尺性収縮の場合、筋肉が収縮しっぱなしなので血管に対してポンプのような役割は果たしてくれません。例えるなら乳牛の乳房を握り締めているのと一緒の状態なので搾乳できないのと一緒です。

 
 
 
 

現代の生活様式では運動不足になりがちである。加えて座りっぱなし、立ちっぱなしという同じ姿勢を長時間強いられる事が多い。

 

腰痛の症状とは

まず腰のどの場所に症状がでるでしょうか。
腰の真ん中つまり腰椎に沿って痛む場合や、もしくはもっと外側が痛む場合、またベルトのラインや股関節周囲が痛む場合があります。お尻の筋肉は股関節(大転子)から骨盤(腸骨稜)まで広がっています。痛む範囲も広く掌で示すものから指先でここと指で指せる位に狭いときと様々です。

痛む場所を押してそこそこというように、症状が再現するような感覚があれば、その場所の浅い筋肉が原因です。深い筋肉だけが緊張していれば、痛む場所を押しても深層筋にまで力が伝わらず、その部分の浅い筋肉を押していることとなり痛みがなく気持ちいいくらいです。

感じかたは痛い場合やダルイ感じや重い物を背負っているように感じたりそれぞれですね。ちなみに神経は軽い圧迫を受けるとダルさを感じます。更に圧迫を受けると痛みとして感じ、それ以上に圧迫を受けると感覚が麻痺して何も感じなくなります。足の方も重い、ダルイ、痛い、痺れる等の症状がでていると腰やお尻の筋肉が緊張して足に行く神経を締め付けて神経痛になっている可能性がありますね。その神経痛に関しては坐骨神経痛の鍼灸治療にまかせるとして・・・。

どういう姿勢や動作で痛むかが、腰痛の原因となる病巣部の筋肉を特定するのに非常に重要なポイントになります。座りっぱなしや立ちっ放し、立つ時、座るとき下の物を拾う時や腰を後ろに反らす動作。症状が重い場合ですと来院したときに腰が曲がっていないか横に傾いていないか、過度に腰が伸び過ぎていないかを診ます。

筋肉はゴムと似ています。輪ゴムを切って一本のゴムにして両端を手でもって引っ張ったり、緩めたりしてみてください。新品のゴムは伸縮自在です。緊張していない健康な筋肉はこれにあたります。一方、日光に当たって劣化したゴムは太くしこりになっています。そして伸ばしてやると両端は多少伸びますが真ん中は伸びが悪いですよね。緊張している筋肉はこの状態に似ています。輪ゴムの真ん中は筋肉の筋腹に相当します。触ってやるとコリコリっとしたしこりが触知できます。

このしこりの部分は緊張しているために、その中を通る神経や血管を圧迫して痛みを起こします。ゴムを持っている両端は筋肉でいうと腱の部分になります。筋肉は骨に付着できないために組織を腱に変化することで骨に付着しています。筋腹は緊張して伸びないし、腱は元々そんなに伸びないので引っ張ってやると筋腹にも腱にも痛みがでます。

要するに緊張して縮こまった筋肉は伸ばすと痛むのです。運動した後にストレッチをすると伸びにくく、つっ張った感じが強いのと同じ理屈です。

また筋肉が緊張して縮みっぱなしになると、その筋肉が付着している関節間が狭くなります。下にある大腰筋の図を見て下さい。大腰筋は腰椎に沿って縦に走行しています。これが縮みっぱなしになると腰椎の間隔が狭くなります。進行すると腰椎の間に挟まっている椎間板が押し潰されて飛び出してしまい、いわゆる腰椎椎間板ヘルニアとなります。

もしくは腰椎に物理的なストレスがかかって分離症やすべり症を発症したり、腰椎が負担に耐えようと骨棘を増殖させて変形する場合もあります。変形性腰椎症や脊柱管狭窄症がこれに当たります。

このようにヘルニアやすべり症、分離症、変形性腰椎症や脊柱管狭窄症といった画像診断でわかるような器質的な疾患も、ほぼ腰の筋肉の緊張がベースありそれが進行したものです。

 
 

その時によって緊張している筋肉は様々。痛む部位や動き、姿勢や圧痛からどの筋肉が悪いのかを特定します。

 
 
 
 

大腰筋が緊張している時の特徴とは

・あお向けで寝ているとき腰痛が起きる。
・椅子から立ち上がるとき腰痛が起きる。
・立っているとき腰痛が起きる。
・身体を後ろに反らすとき腰痛が起きる。
・腰掛けるとき、浅く腰掛けて身体を前に倒し気味にしないと腰痛が起きる。

・寝返りの時に腰が痛む
・咳、くしゃみをするとき腰にひびく。
・腰を伸ばしたとき腰痛が起きる。
・朝起きたとき腰が痛む。
・おしりの真中やふくらはぎが痛む。
・腰の中央が痛む。
・腰の痛む所を押しても気持ちいいくらいで痛まない。
・上述しているような動作や姿勢で姿勢で腹が痛む。

これらに該当すると、なぜ大腰筋の緊張が考えられるのでしょうか。
大腰筋は腰椎から太ももの付け根の内側までついています。
作用は腰の前屈と足を上にあげることです。
要するに体を丸めるための筋肉となります。筋肉は緊張すると伸縮性が無くなって縮んだままになりますから作用と逆の動きをすれば縮みっぱなしのところを無理やり伸ばすことになり痛みがでます。それが上記の動作や姿勢です。

更に咳や、クシャミをすると横隔膜が動きます。
横隔膜は呼吸運動を司っており、胸と腹の境目でドーム状になっています。咳、クシャミをすると横隔膜が急に大きく動き、近くにある大腰筋に当たってしまい痛みます。また大腰筋は体を輪切りにすると中心部に位置するために腰ではなくて、腹に症状を感じることもあります。

大腰筋は腰椎から太ももの付け根まで脊椎にそってついているので腰の中央のやや広い範囲が痛みます。またお尻や足の神経が腰からでているので大腰筋が神経を絞めつけてお尻や足に症状がでることがあります。

俗にいう神経痛です。足といえば夜中にふくらはぎが痙攣するこむら返り、もしは足先や足首がつるような症状も足自身が原因ではなく大腰筋の緊張が原因です。
また通常の鍼やマッサージ、電気治療等では届きません。体表から5~10センチ程にある深層の筋肉だからです。従って大腰筋が緊張しようが、体表から指でしっかり押しても痛みません。それ程、深い所にあるのです。腰痛の患者さんのうち、十中八九はこの大腰筋が緊張しています。しかし当院に来られるまでに大腰筋の治療を受けた事が無い方がほとんどです。

 

 
 
 
 

大腰筋の図。 深部にあるために腹側からみたものです。腰椎の側方から大腿骨の内側に走行。体を丸める作用があります

 

大腰筋の刺鍼方法とは

うつ伏せで3寸の鍼で腰椎棘突起間の外方に直刺で更に外方から斜刺で刺入します。大腰筋は上部は薄くて幅も狭く下部にいくにつれて、厚くて幅が広いので、L1/2間は2.5寸を用いて、ハの字に鍼が並んでいるようにします。肋骨突起に当たって、大腰筋まで鍼尖が入らないときは大体、等間隔で刺入するときれいに入ります。腰の悪い人はやはり腰椎間が狭いですね。
 
 

 

腰方形筋が緊張している時の特徴とは

・腰を左右にひねると痛む。
・椅子から立ち上がるときと腰掛けるときの両方の動作で、瞬間的に痛む。
・ラジオ体操で、身体を横曲げすると痛む。
・腰の後ろ側は痛みがなくて、脇腹を背骨に向かって押すと痛む。
・右側が痛むのか左側が痛むのかが明瞭である。

腰方形筋は骨盤から腰椎の肋骨突起、12肋骨についている板のような平べったい筋肉です。腰を横に倒したり回したりするときにつかう筋肉なので左の方形筋であれば右に倒したり、左右に回したりすると痛みますし、立ち座りの瞬間に筋肉が伸ばされます。

 

大腰筋と違い腰方形筋は体の外側に位置するので、左右痛む側が明瞭である。 対して大腰筋は深部でかつ中心部にあるのでどちらが痛むのかがわかりにくい事が多い。

 

腰方形筋の刺鍼方法とは

うつぶせでは鍼が下に垂れるので横向きで腸骨稜から上に向かって直刺します。もし、うつ伏せで刺鍼するなら10番位の太い鍼を使って、下に鍼が垂れるのを防ぎます。

ここでのポイントは鍼を打つまえにしっかり腸骨稜と12肋骨を触知することです。男性と女性では筋肉のつき方が違います。断面図をみればわかりますが男性は横まで腰方形筋が回り込んでいます。一方、女性はそこまで横にきていません。

 

脊柱起立筋・多裂筋が緊張している時の特徴とは

・椅子に腰掛けていると、腰の中央が痛む
・背骨に沿って指圧すると痛む
・洗顔の時など、前かがみすると腰痛が起きる。
・腰と背中の境目あたり、あるいは腰の下部で尻の上部が痛む
・椅子に腰掛けるとき、浅く腰掛けて身体を反らし気味にしないと痛む

起立筋・多列筋は脊椎に沿って仙骨から後頭部までつながっている筋肉で姿勢を正す筋肉です。
腰を前に倒すと腰の真ん中が痛みます。そして仙骨までつながっているので腰の下部やお尻の上部まで痛むこともあります。また浅いところにある筋肉なのでここが緊張すると指圧しても痛みます

 

比較的浅層にある筋肉なので、悪ければ押して痛みます。

 

脊柱起立筋・多裂筋の刺鍼方法とは

圧痛を刺入点とします。重症の場合は2列、3列に打つ場合もあります。12胸椎から上は肺に近いため必ず鍼尖を胸椎にあてます。

 

中殿筋・小殿筋が緊張している時の特徴とは

・椅子に腰掛けていると、腰骨の両側が痛む
・靴下をはくとき等、太股を上げると痛む
・お尻の両側を指圧すると痛む
・股を横に上げるなど、股関節を動かすと痛む
・身体が横へキュウリのように傾き、傾いてない側に体重をかけると痛む

中臀筋は股関節から腸骨稜、小臀筋は股関節から腸骨についており体重を同側の中・小臀筋を支えます。座りっぱなしや足を上げる姿勢は緊張しているお尻をひっぱる動作なので痛みます。また体重を悪い方にはかけられないので体重をのせないように横に傾いた姿勢になりますね。また足の外側を通る外側大腿皮神経が小臀筋を通っていますので小殿筋がが緊張すると神経が圧迫して大腿の外側に症状がでます。これらは真ん中というより少し横が痛みますが、中臀筋の後部線維は上後腸骨棘の方まできており、真ん中が痛む場合もあり起立筋の緊張と見分けることが重要です。


尻の筋肉なので強目に押して圧痛をみる。 殿筋と称しながらも、案外前まできているのに注目。

 

中殿筋・小殿筋の刺鍼方法とは

お尻の筋肉は広いのですが、必ずしも全体に刺す必要はないです。必ずしも筋肉全体が緊張しているとは限りません。触診してみて部分的に反応がある場合はその部分と筋の付着部を結び帯状に刺入します。

 

腸骨筋が緊張している時の特徴とは

・あお向けで寝ているとき足の付根や尻が痛む。
・椅子から立ち上がるとき足の付根や尻が痛む。
・立っているとき足の付根や尻が痛む。
・腰掛けるとき、浅く腰掛けて身体を前に倒し気味にしないと足の付根や尻が痛む。          
・太ももの前側が痛む

腸骨筋は大腰筋と同じく、腰を前に屈めたり、足を上に上げる役割をしますので症状の出る姿勢や動作は大腰筋と一緒ですが、腸骨筋は腸骨の前面から小転子に付いているため症状が出る場所が足の付根になります。また骨盤をへだててお尻に症状がでることもあります。そして、大腿神経が腸骨筋の中を通っているので腸骨筋が緊張して神経を圧迫していれば、太ももの前側に症状がでます。


 

大腰筋と作用が同じで、併せて腸腰筋と総称される。足のつけ根が痛む事が多いが、腸骨を隔てて殿部に痛みを感じることがある。

 

腸骨筋の刺鍼方法とは

仰向けで膝の下に三角枕をいれて膝を90℃屈曲位にし、腸骨筋を緩ませた状態で刺鍼します。骨盤は男女差があるので女性は少し斜刺、男性は直刺で上前腸骨棘から上下に鼠径部に沿って骨盤に鍼尖を添わせるように打っていきます。


以上のように痛む姿勢や動作や押して圧痛や硬さをみて緊張している筋肉を判別して治療していきます。

 

腰痛の養生法とは

 
たまに腰痛の原因は腹筋、背筋不足だから筋トレをする患者さんがいます。腰痛が治ってからであれば鍛えてもいいですが、腰痛があるうちは止めておいたほうがいいでしょう。鍼で筋肉の緊張を緩めてもまた腰痛が再発します。
反対にずっと横になって寝ている方が治りが早いのかというと、そうでもありません。ウォーキングやジョギング等、様子を見ながら軽い運動を始めるといいと思います。

先日のヤフーニュースに「腰痛の8割は原因不明・・・心の悲鳴かも」という見出しが出ていました。確かにストレスによって筋肉が緊張する原因にはなりえますが、その筋肉をほぐせば腰痛が治ります。

こういう認識が広まると世間の腰痛治療に対する信用が無くなりますし、腰痛難民となる方が増加の一途を辿ります。原因不明と聞くと患者さんは一気に不安になって、感じなくてよいストレスを感じるのではないでしょうか。厚労省の推計では腰痛患者は2800万人、40~60代の4割は悩んでいるということです。なのでうちの腰痛のコーナーも少し改訂して腰痛の大多数の原因は筋肉の緊張であり鍼で緩めれば治ると書いて来ました。

鍼でもヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で痛む腰痛は無理だと思います。その場合は病院で治療されたほうがいいでしょう。繰り返しになりますが、同じ腰痛でも原因によって鍼が効くものと効かないものがある。また鍼が効くものの割合が非常に多いことを頭の片隅に置いていただけたらと思います