京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会             

北京堂鍼灸京都の特長


筋肉の凝り固まった部位と程度を把握し患者さん一人一人の感受性に合わせて治療します

凝り固まっている部位は筋肉の浅い所から深い所まで患者さん一人一人違います。症状のもとになっているところを正確に把握してその病巣部に達するよう鍼をうちわけます。

浅深問わず自由自在に刺針ができるのが北京堂の一番の強みです。浅刺は他の鍼灸院でもよく行われていますが、深刺はそれなりの技術が必要なために他院ではなかなかできません。また深層筋はその上に浅層筋があるために直接手で触れずインナーマッスルとよばれていますが、マッサージでも中々ほぐれにくく、通常の鍼治療や電気治療も深部の筋肉は届かないために手付かず状態になっている事が非常に多いです。

筋肉は何層にも重なっています。特に深層筋は緊張しやすいのです。それはなぜでしょうか。浅層筋の筋肉は1気圧しかかっていませんが、対して深層筋は先ほど述べた外気の1気圧に加え、上にのっている浅い層の筋肉からの圧迫をも受けるからです。更なる圧迫を受けた筋肉は中に通っている血管や神経を圧迫して疲労に拍車をかけます。

 そして筋肉の働きという面からみてみるとインナーマッスルはパワフルな運動や大きな動きをするためでなく、関節が正しい位置で動くようにキープしたり、姿勢を維持する役目をしているのです。よって日常の中で働いているのがとても長い時間に渡りますから負担がかかりやすいのです。そんな負担がかかり易い深層筋をしっかりと治療できるというのが重要なのです。

 原因が骨や軟骨、椎間板、腫瘍等、筋肉ではない場合もありますが、それはレントゲンやMRI,CTをとるとわかります。それらの検査で異常がなければ筋肉が原因だというケースがほとんどです。


あくまでも鍼が一番作用を与えることができるのは筋肉です。よって筋肉が原因の場合はかなりの効果を発揮します。
しかし、痛みがあった場合いきなり鍼を受けて治そうという人はまだまだ少ないようです。

 大体、皆さん最初は整形外科や整骨院に行くケースが多いです。それで治ればいいのですが、受けた後は気持ちいいのだが痛みがまた復活してくるという場合がありますね。そういう場合はやはり症状の原因となる病巣部に対してきちんとアプローチができていないからではないでしょうか。

②解剖を学び安全に治療します

鍼は怖いと感じられる方もおられると思います。当院は深刺しますが、解剖の知識無しに刺していたのでは刺鍼事故につながります。

それを防ぐにはどこにどういう器官があるか、どう刺したら鍼先がどこへ向かいどこに刺さるか、それを避けるにはどうしたら良いかを把握してなければいけません。その為には解剖の知識が必要になります。治療の為にも解剖の知識は必要ですが、それよりも刺鍼事故を防ぐ為に解剖の知識が何よりも不可欠です。その知識をベースにして過去に起こった刺鍼事故の症例集本をみて日々勉強しています。

治療の本はたくさん出版されているのですが、この種の書物はまだまだ数が少ないです。我々の先輩が起こした過ちを繰り返さないように学びます。

 
③完治を目指します

難病の場合や体のメンテナンスを目的とした治療でなければ、完治を目指してなるべく早く治療を卒業できるように治療方針を組んでいきます。これは当然の事です。

しかし患者さんからの話では他所でいたずらに治療期間を引き伸ばしたり、ぼちぼちと治療していきましょうと言われる事が少々多いように感じます。ケースバイケースで一概には言えませんが、ここまで回数かからないだろうなと思うことがあるんですね。また鍼は即効性があります。何回か治療してもあまり変化が無いのであれば考えものです。何ヶ月も服用して初めて効果がでる漢方薬とは違います。できれば1回、遅くとも3~6回の治療で好転する兆しが無ければいけないと思います。それで変化が見られなければ、少なくとも当院で治療を継続されても良くなる可能性は極端に低いので、治療を中止して様子を見られる事をお勧めしています。

患者さんにとって一番いいのは症状を短期間で安全に治してもらって快適に過ごせる、仕事ができる、勉強ができる、スポーツができる、趣味ができると人によって様々ですが症状を全く気にせずに活動できる事だと思います。

④次回の予約はどうしますかと、こちらからお尋ねしません

治癒に必要な治療の頻度は治療後にお伝えします。例え治療の継続が必要な場合でも、次回の予約を取って行かれますかと、こちらの方からお尋ねすることはありません。また治療を受けるかどうかは患者さん御自身が、ゆっくり考えてからでも遅くないと考えているからです。勿論、お帰りの際に次回の予約を取ることも可能です。ご希望の方は仰って下さい。

⑤治療効果が思わしくないときは治療方法を変えます

治療を受けても思わしくなかったり、通い始めよりは調子は良いが、治療を続けても段々効果を感じづらくなり症状が取り切れないとことはありませんか。効果が思わしくないのに、同じ治療をしていると結果も変わりません。そんな時は治療方法を変更し早期の快復を図ります。