京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会             

鍼灸はなぜ効くの?

鍼編


何故、鍼で痛みが治まるのでしょうか・・・・

それは緊張した筋肉に鍼を刺入することでカチカチに凝り固まっていた筋肉が緩み血流が増します。それにより痛みが消えるわけです。

シンプルにいえばそうなのですが、もう少しつっこんでいきます。
巷では血行をよくしなさい、血のめぐりをよくしなさい、とよく言いますしテレビの健康番組でもよく耳にしますよね。
そもそもめぐりをよくしろと言われている血液ってどんな役目をしているのか・・・。

それは体の中をめぐって組織に栄養と酸素を与える役目をしています。また、それと同時に組織が活動した結果、でてくる二酸化炭素や老廃物または痛みを出す物質を回収して心臓に戻っていくというサイクルを繰り返しています。血管は筋肉の中を通ってますから、筋肉がこりかたまり緊張することで、血管が圧迫されて血行が悪くなるのです。ホースが踏まれると水の流れが悪くなるのと一緒ですね。

 このサイクルが悪くなると組織に与えるものも十分与えず、回収すべきものを十分回収していないとなります。例えばこういった状態の組織を我々、人間に例えますと食事をとったり呼吸することができない、排泄ができないということになります。こうやって考えると非常に辛い状態です。

そんな状態では筋肉はゆるんだり縮んだりというのはできない。常時、固く凝り固まって収縮したままになってしまいます。そして筋肉の中を通ってる血管を圧迫し血行を悪くする、更にこれも筋肉の中を通っている神経を圧迫することにより、感覚神経であれば違和感、重ダルさ、痛み、しびれ、感覚の麻痺がおこります。

一方、運動神経が圧迫されれば絶えず筋肉が緊張しっぱなしであったり、運動障害がおきて例えば足を支配している神経であれば足が上がりにくなったりします。更に血行が悪いため痛みの物質を回収するという役目が十分に果たすことができない為に痛みが続きます。痛みが続けば人間誰だって身を固くしてしまいます。精神的なストレスもそうですが痛みなどの肉体的なストレスも一緒ですね。そしてまた身を固くして筋肉が凝り固まって緊張する・・・

先程から同じような話が繰り返されてますね。これぞ痛みの悪循環です。まとめますと

筋肉の緊張⇒血管・神経が圧迫される⇒血流不足・痛み⇒血流不足による痛みの慢性化 ⇒痛みにより身を固くする⇒筋肉の緊張⇒血管・・・

という悪循環になります。

さて、痛みの解消するにはこの悪循環を断ちきってやらねばなりません。鍼をして筋肉の緊張を解いて弛めてやるのです。そうすれば血管や神経を圧迫から解放することになり痛みが解消されます。

今、お話したのは痛みの症状に関してですが、自律神経が圧迫されると胃腸の調子が悪くなったり、便秘や息苦しさ、動悸等の自律神経症状がでます。耳を司る内耳神経が圧迫されれば耳鳴りや難聴めまいがおこります。これらは一例です。この為に筋肉を弛めて血行をよくして神経の締め付けを解放できる鍼というのは守備範囲が広いものです。勿論、全てに効果があるとはいいませんが、病院で検査しても異常はないけど症状がでているというものには抜群の効果を発揮します。

 
 

鍼と灸では体に対する作用が異なる。

 

 

 

灸編


何故、鍼で痛みが治まるのでしょうか・・・・

それは緊張した筋肉に鍼を刺入することでカチカチに凝り固まっていた筋肉が緩み血流が増します。それにより痛みが消えるわけです。

シンプルにいえばそうなのですが、もう少しつっこんでいきます。
巷では血行をよくしなさい、血のめぐりをよくしなさい、とよく言いますしテレビの健康番組でもよく耳にしますよね。
そもそもめぐりをよくしろと言われている血液ってどんな役目をしているのか・・・。

それは体の中をめぐって組織に栄養と酸素を与える役目をしています。また、それと同時に組織が活動した結果、でてくる二酸化炭素や老廃物または痛みを出す物質を回収して心臓に戻っていくというサイクルを繰り返しています。血管は筋肉の中を通ってますから、筋肉がこりかたまり緊張することで、血管が圧迫されて血行が悪くなるのです。ホースが踏まれると水の流れが悪くなるのと一緒ですね。

 このサイクルが悪くなると組織に与えるものも十分与えず、回収すべきものを十分回収していないとなります。例えばこういった状態の組織を我々、人間に例えますと食事をとったり呼吸することができない、排泄ができないということになります。こうやって考えると非常に辛い状態です。

そんな状態では筋肉はゆるんだり縮んだりというのはできない。常時、固く凝り固まって収縮したままになってしまいます。そして筋肉の中を通ってる血管を圧迫し血行を悪くする、更にこれも筋肉の中を通っている神経を圧迫することにより、感覚神経であれば違和感、重ダルさ、痛み、しびれ、感覚の麻痺がおこります。

一方、運動神経が圧迫されれば絶えず筋肉が緊張しっぱなしであったり、運動障害がおきて例えば足を支配している神経であれば足が上がりにくなったりします。更に血行が悪いため痛みの物質を回収するという役目が十分に果たすことができない為に痛みが続きます。痛みが続けば人間誰だって身を固くしてしまいます。精神的なストレスもそうですが痛みなどの肉体的なストレスも一緒ですね。そしてまた身を固くして筋肉が凝り固まって緊張する・・・

先程から同じような話が繰り返されてますね。これぞ痛みの悪循環です。まとめますと

筋肉の緊張⇒血管・神経が圧迫される⇒血流不足・痛み⇒血流不足による痛みの慢性化 ⇒痛みにより身を固くする⇒筋肉の緊張⇒血管・・・

という悪循環になります。

さて、痛みの解消するにはこの悪循環を断ちきってやらねばなりません。鍼をして筋肉の緊張を解いて弛めてやるのです。そうすれば血管や神経を圧迫から解放することになり痛みが解消されます。

今、お話したのは痛みの症状に関してですが、自律神経が圧迫されると胃腸の調子が悪くなったり、便秘や息苦しさ、動悸等の自律神経症状がでます。耳を司る内耳神経が圧迫されれば耳鳴りや難聴めまいがおこります。これらは一例です。この為に筋肉を弛めて血行をよくして神経の締め付けを解放できる鍼というのは守備範囲が広いものです。勿論、全てに効果があるとはいいませんが、病院で検査しても異常はないけど症状がでているというものには抜群の効果を発揮します。