頚椎症の鍼灸治療:北京堂鍼灸京都

京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会 鍼灸院 京都 桂サイトマップ 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字のサイズを変更する

北京堂鍼灸京都HOME > 頚椎症の鍼灸治療

頚椎症の鍼灸治療

頚椎症とは

頚椎症とは一体どういった病気のことでしょうか。頚椎だから7つある首の骨に関係するのだろうと想像がつきます。専門書を紐解いてみますと、頚椎と頸部椎間板の加齢による衰えに基づく椎体周辺の骨増殖と椎間腔の狭小化(首の骨と骨の間が狭い)を生じ、そのために頚神経や脊髄が圧迫されて症状を呈する疾患である、となっています。要するに、頚椎周辺の組織が神経や血管を圧迫している状態です。

具体的にはどういった病名のものを指すのでしょうか。頸部椎間板ヘルニア、頸部脊柱管狭窄症、変形性頚椎症、後縦靭帯骨化症等です。広い意味ではムチウチ症や寝違いも該当します。頚椎症とは頚椎つまり首の骨、もしくはその周囲の組織による症状でこれらの疾患の総称ということになります。最近では頚性神経筋症候群(CNMS)という言葉もありますね。椎間板ヘルニアは、頚の骨と骨の間の軟骨が間から飛び出して圧迫しています。後ろの3つは骨が圧迫しています。頚のヘルニアなら筋肉を緩めて頚を牽引すれば引っ込んで治りますが、骨が相手なら厄介です。鍼で骨を削ることはできません。ただそんなに強度な変形ではなく年相応の変形となると、そんなに心配する必要はありません。

 腰椎椎間板ヘルニア等、腰痛や坐骨神経痛でもそうなのですが、MRIの画像所見上にヘルニアがあったり、骨化や変形が見られるのだが、症状は出ていない事が多々あります。逆に画像では問題無いけど、症状がある。こういうこともよくあります。じゃあ、何が圧迫しているのか。それは緊張した筋肉です。筋肉が緊張しているかは画像では詳しくはわかりません。せいぜいレントゲンの画像で、頚椎の間が狭いから頚椎をつないでいる筋肉が緊張して縮んでいるのがわかる位です。この頚部の筋肉が緊張してしまいその中を通る神経を圧迫しているのですね。それなら鍼の出番。そこに鍼をして筋緊張をとってしまえばよいのですから完治します。

頚椎症の原因とは

おそらく、こういう症状をお持ちの方は慢性の肩こり、首こりがあったと思います。首の筋肉の緊張が解けないと縮みっぱなしなりますから、頚椎間が狭くなってしまいます。

また、先ほど述べた骨が原因のパターン。骨が変形したり、元々、骨が無いところに新しく骨化したりというのも、現代医学では原因が不明な場合もありますが、局所に負担がかかると骨は耐えようとするので、骨は増殖して支えようとします。さらに、負担がかかると壊死することもあります。、頚髄を守っている大事な所なので、骨もそう簡単に壊死できないかどうかはわかりませんが、骨が耐えようと増殖することで頚椎の変形や骨化につながりますので、首、肩のこりというのは早目に解消しなければなりません。

頚椎症の症状とは

むち打ち症や肩こりと同様、首や肩のコリや痛みは勿論、自律神経症状もでることがありますが、頚椎症は神経や脊髄を圧迫しているので、その支配先に症状がでることがあります。第五頚神経(第四頚椎と第五頚椎の間から出ている)が圧迫されると、後頚部から腕の前側(力こぶの方)、第六頸神経は肩甲骨の上から上肢の親指側、第七頸神経は肩甲骨から上肢の後側(日焼けする方)、第八頸神経は肩甲骨と肩甲骨の間に痛み、コリ感、痺れ、ダルさがでます。また、第六頸神経だと肘が曲げにくかったり、第七頸神経では逆に伸ばしにくい時があります。症状が下半身にも出ている場合は、脊髄を圧迫している可能性がありますので、一度専門医で検査を受けられる事をおすすめします。

頚椎症の鍼灸治療

基本的に、肩こりの鍼灸治療に準じたものになります。肩こりも頚椎症の中に含まれますから。よくよく話をきいてみると頚椎症の患者さんは頚、肩のこりや痛みに、上肢の神経根症状も勿論ですが、頭痛や眼精疲労、胃腸疾患が伴なっている場合が多いのです。神経根症状にこだわりすぎずに、頚から肩背部にかけて広い範囲を刺鍼します。


北京堂鍼灸京都

京都市西京区桂野里町32-12
(阪急京都線桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院)
鍼療時間 9:00~22:00 
※20時以降の鍼療は当日20時までにご連絡下さい。
電話番号 075-202-4098(予約優先制)  
休鍼日:木曜日  土日祝は鍼療しています。

道がわからない時はご連絡ください。ご案内いたします。