膝痛の鍼灸治療:北京堂鍼灸京都

京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会 鍼灸院 京都 桂サイトマップ 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字のサイズを変更する

HOME > 膝痛の鍼灸治療

膝痛の鍼灸治療

膝痛で考えられる疾患

京都 鍼灸 膝痛膝痛の原因になる疾患は色々あります。変形性膝関節症や靭帯・半月板の損傷、関節リウマチやオスグッド・シュラッター病、ジャンパー膝等のスポーツ障害、稀なケースですが偽痛風や骨肉腫の場合もあります。これらは年齢や性別、症状や生活習慣を尋ねることで、ある程度判断がつきますが、場合によっては医療機関への受診をおすすめすることもあります。

鍼灸院で多くみかける膝痛は変形性膝関節症ですので、ここからは主にそれについて書いていきたいと思います。
変形性膝関節症とは膝関節の軟骨の変性や摩耗に対応して、骨増殖が起こり膝関節の変形と疼痛、運動制限を起こしますが、なぜ骨増殖がおきるのでしょうか。それは筋肉や軟骨、半月板では膝への衝撃が支えきれなくなり、骨にも過剰な負担がかかると骨が支えようとして骨を増やします。その結果、骨の変形につながります。変形の度合いは症状の進み具合により様々です。40代以上の女性にみられる事が多いですね。

膝痛の原因とは

鍼 膝痛
原因は加齢により足の太ももの筋肉がやせてくることが第一にあげられます。それによりちょっとした運動でも筋肉は緊張状態になります。また、筋力不足により階段で降りる時にゆっくりと足を下ろすことができません。更に、膝下の筋肉が弱ってくると足首を伸ばして足底の指の付根のあたりから着地していたのが、足底の真ん中からドスっと音をたてる感じで着地することになり、膝の軟骨に衝撃が加わります。その衝撃が膝の軟骨の退行変性と相まって軟骨が摩耗し、場合によって痛むことがあります。その軟骨の痛みに加えて、先程書いたようにこの時の筋肉はいつも緊張状態にあるため、筋肉の痛みも一緒に感じることになります。多少軟骨が摩耗している位であれば、軟骨の痛みでは無く筋肉の痛みだと思いますが、鍼で磨り減った軟骨が元に戻せるわけでもなく、O脚の原因となるので、できるだけ早目の治療がのぞましいですね。

更に忘れてならないのは、坐骨神経や大腿神経等の神経痛が原因で膝が痛む場合がよくあるということです。先程書いたように、筋肉が自然にやせることにより日常生活で使う程度の運動で筋肉が緊張したりしますが、腰が悪くて足に症状がでるとその部分の筋肉が痛みで身を固くして緊張しやすいからです。よって、腰や臀部等の状態も確認することが、膝痛の解消に重要です。

膝痛の鍼灸治療

正座すると痛む場合

京都 膝痛 鍼灸治療正座は膝を曲げた状態で自分の体重が膝下にかかります。そうして、膝の裏にある筋肉も折り曲げられた状態で圧迫されることになります。膝の皿が痛むのだけど、悪いのは膝の裏だということがあります。痛みが投影されるのですね。左右比べて押さえてやると違いがわかりやすいです。膝の裏にある筋肉は膝窩筋や足底筋、腓腹筋の起始部になります。更に膝下にある筋肉で体重がかかるのは腓腹筋やヒラメ筋、要するにふくらはぎの筋肉ですね。これらの筋肉に刺鍼していきます。
膝窩は緊張や圧痛等反応をしっかりと確かめて局所に3番くらいの細い鍼で多刺していきます。太い鍼を用いると却って痛みます。ふくらはぎはヒラメ筋にまで筋腹に直刺します。

階段の登り降りで痛む場合

階段の登り降りで痛む場合は太ももの筋肉、大腿四頭筋の緊張が疑われます。特に大腿四頭筋でも内側の内側広筋は衰えやすいですね。患者さんの両足を比べると患側だけ太もも筋肉の盛り上がりが少ないことがよくあります。
登りか下りかといえば大腿四頭筋に負担がかかりやすいために、下りの方が気になるという方が多いですね。これは膝が悪い人ではなくても、普段運動不足な人であれば登山の帰り道で体験することができますので、登りと下りを帰り道の道中比較してみてください。大腿四頭筋を刺入するときは、大腿骨付近の深部を効率よく緩めるため、直刺した両脇から鍼先が大腿骨を擦るように斜刺をします。

夜間等、動かさなくとも痛む場合

膝関節に水が溜まって、炎症を起こしたりしている場合は動かさなくとも痛みます。また腰が悪くて神経痛で膝に痛みがある場合は、夜間から起床時にかけて腰の筋肉の血流が悪くなるので症状が出やすいです。これらは膝に熱感や水腫があるか、腰に症状があるかどうかで判断して、それに応じた治療を行います。

北京堂鍼灸京都

京都市西京区桂野里町32-12
(阪急京都線桂駅東口から徒歩2分の鍼灸院)
鍼療時間 9:00~22:00 
※20時以降の鍼療は当日20時までにご連絡下さい。
電話番号 075-202-4098(予約優先制)  
休鍼日:木曜日  土日祝は鍼療しています。

道がわからない時はご連絡ください。ご案内いたします。