京都,京都市,桂,西院,西京極,上桂,洛西口,鍼灸院,頭痛,腰痛,坐骨神経痛,肩こり,ぎっくり腰,腱鞘炎,頚椎症,寝違い,ムチウチ症,顎関節症,五十肩,自律神経失調症,うつ病,円形脱毛症,胃下垂,口コミ,北陸,勉強会             

眼精疲労の鍼灸治療


眼精疲労の症状とは

視力低下、目が重い、かすむ、痛い、疲労感、ドライアイ、とそれに伴う頭痛、吐き気。

 

眼精疲労の原因とは

肩こりと似ていますが、やはり一番多いのがパソコン作業に代表されるのような手元を見る姿勢を長く続けたり、また近い距離を見続けたりということですね。前者は頚、肩の筋肉を緊張させます。後者は近くを見続けると、水晶体を取り巻くように走る輪状筋が収縮し、毛様体小帯がゆるみ、自らの弾性で水晶体の厚さが増して、近くの物に焦点を合わすようになります。ちなみに、水晶体は年齢と共に水分が減少して弾性を失うと調節力が低下して老眼となります。尚、水晶体が白く混濁したのが白内障ですね。要するに、目のピントも筋肉が合わせていますが、近くを持続的に見るというのは、その合わせる筋肉を使いっぱなしの状態にするわけですね。

 
 
 
 
 

眼精疲労の鍼灸治療

水晶体や毛様体筋に、直接鍼を刺すわけにはいけないので、血液の通り道である首への刺鍼が中心となります。心臓から出た動脈血は頚の横を通る総頸動脈から内頚動脈を通り、頭蓋腔に入り、内頚動脈の枝の眼動脈が眼を栄養します。首がこると、これらの頚の筋肉が緊張しホースを踏んづけるようになり、動脈が圧迫を受け酷使されている眼への血液供給が不十分になります。よって、首の後ろから横にかけて刺鍼することで、首の筋肉を緩めて十分に眼への血液のめぐりをよくしてやります。

 
 
 

眼精疲労防止の養生法

肩こりの生活指導に準じたものになり首の筋肉の緊張をとります。それに加えて、眼に蒸しタオルを当て、温めることにより眼への血行をよくします。逆に冷やしたらダメですよ。気持ちいいからとやってしまいがちですが、血管が収縮するので却って血行が悪くなります。